追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well, Blossoming on Collision - Light in Space

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, 4min 20sec, Sound: Hideaki Takahashi

追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく / Crows are Chased and the Chasing Crows are Destined to be Chased as well, Blossoming on Collision - Light in Space

teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, 4min 20sec, Sound: Hideaki Takahashi

四方と下方が全て映像に囲われたインタラクティブデジタルインスタレーション作品。 光で描かれた八咫烏が空間を飛び回り、その軌跡が光跡となり光の空間に描く書『空書』を描いている。カラスが互いに追い追われる。追うカラスも、やがて追われる側になり、追いつかれカラス同士ぶつかると、カラスは散って花となる。 また、カラスは、鑑賞者を把握しよけながら飛んで行くが、よけきれずに鑑賞者にぶつかると同じように散って花となる。 鑑賞している人々の立ち位置の中心に作品世界の視点がゆっくりと一致するようになっている。 どの場所でも良いのだが、全員が一箇所に固まって集まると、やがて、壁と床の境界がなくなり現実空間が消え、作品世界に没入しはじめ、カラスの軌跡が描く線が、空間に立体的に描かれはじめるだろう。 全員で固まって歩くならば、鑑賞者作品は、世界に没入したまま、歩き回ることができるだろう。 作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることはなく、鑑賞者達の位置やふるまいの影響を受けながら、変容していく。