人に咲く花 / Flowers Bloom on People

teamLab, 2017, Digitized Nature, Endless

人に咲く花 / Flowers Bloom on People

teamLab, 2017, Digitized Nature, Endless

人々がいなければ、真暗で何も存在しない空間。人々が空間に入り、立ち止まると、人々の体に花々が咲いていく。花々は、やがて、足元から、近くにいる他の人々の方へ広がっていき、つながっていく。 自分の存在によって、作品は生まれるが、その作品は自分からはあまり見えず、他者によって認識されるだろう。 一時間を通して、一年間の花々が咲いては散り、変化していく。 花は生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、死んでいく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠に繰り返し続ける。 人がじっとしていると、花は普段より多く生まれ、いっせいに咲き渡る。人が動くと、いっせいに散り死んでいく。 作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、人々のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。